藤村 豪 個展『誰かの主題歌を歌うときに』

藤村 豪 × 深川 雅文 往復書簡パフォーマンス

藤村豪(アーティスト)と深川雅文(キュレーター/クリティック)が行う、往復書簡パフォーマンスをご覧頂けます。

藤村豪個展『誰かの主題歌を歌うときに』に際し、会期直前から会期終了までの6週間に渡り、ギャラリーがフィルターとして介在しながら、二人の間で行われる文通は、「日本語→ポルトガル語→日本語」と2度の自動翻訳を経て、内容に一部ズレが生じた状態でお互いにやりとりが行われます。

※2020年7月3日(金)をもちまして、本パフォーマンスは完結いたしました。

-----------------

*両者からの手紙はギャラリーにEメールで送られ、翻訳済の文章のみが相手に転送されます。

(深川氏の論考タイトル「デサフィナード(調子はずれ)」がポルトガル語であることにちなみ、言語選択が行われました)

 
 

原文 

赤:藤村の手紙 

青:深川の手紙

翻訳文 

ピンク:藤村の手紙(を、自動翻訳したもの) 

水 色:深川の手紙(を、自動翻訳したもの)

05.30  |  06.05  |  06.11  |  06.13  |  06.18

06.20  |  06.29  |  07.02 [1]  |  07.02 [2]  |  07.03

藤村豪の行う往復書簡

深川雅文の行う往復書簡

May 30, 2020

深川さん


お元気ですか?
先日は寄稿いただき、どうもありがとうございました。


いまちょうど展示の準備で、文字の消えかけたポストカードに残ったわずかな文字を頼りに、友人が自分に向けて書いたはずの言葉を書き入れています。
何枚もの複製したポストカードに何度書いても、そのどれもがしっくりくるものではありません。そして、それはいまのところ友人が記した言葉とも違うような気がしています(そもそも書いた本人も実際に何を書いたかはもう覚えていないらしいのですが)。


誰かのことを考えたり、忘れたり、思い出すことの喜びの傍らで、その調子がはずれていることを引き受けること。
手紙を書くことのデサフィナード。


ところで、深川さんはいまは会えなくなってしまった人のもう聞くことが出来ない声を思い出すことは出来ますか?


もちろん忘れることはないとは思いますが、ではその時に私たちは一体何を覚えているのでしょう。
時々そんなことを考えています。


それではまた。

 

藤村 拝

May 30, 2020

深川


お元気ですか?
先日はありがとうございました。


さて、展覧会の準備として、はがきに残った手紙が消えた数枚を数えながら、友達が作ってくれる言葉を書いています。
複数のはがきに何度も書いても、どれもふさわしくありません。 そして、これは私の友人がこれまでに書いた言葉とは違うように感じます(それを書いた人は、彼が実際に書いたものさえ覚えていません)。


調子が合わないものを、誰かを忘れたり、思い出したり、考えることの喜びで受け入れます。
手紙を書くデザート。


ちなみに深川さんはもう見つけられない声を覚えているのでしょうか?


確かに、忘れませんが、何を覚えていますか?
時々それについて考えます。


また近いうちにお会いしましょう。


藤村崇拝

 
 

05.30  |  06.05  |  06.11  |  06.13  |  06.18

  06.20  |  06.29 07.02 [1]  |  07.02 [2]  |  07.03

原文同士のやりとり

※パフォーマンスの副産物として生じた実在しない対話

May 30, 2020

深川さん


お元気ですか?
先日は寄稿いただき、どうもありがとうございました。


いまちょうど展示の準備で、文字の消えかけたポストカードに残ったわずかな文字を頼りに、友人が自分に向けて書いたはずの言葉を書き入れています。
何枚もの複製したポストカードに何度書いても、そのどれもがしっくりくるものではありません。そして、それはいまのところ友人が記した言葉とも違うような気がしています(そもそも書いた本人も実際に何を書いたかはもう覚えていないらしいのですが)。


誰かのことを考えたり、忘れたり、思い出すことの喜びの傍らで、その調子がはずれていることを引き受けること。
手紙を書くことのデサフィナード。


ところで、深川さんはいまは会えなくなってしまった人のもう聞くことが出来ない声を思い出すことは出来ますか?


もちろん忘れることはないとは思いますが、ではその時に私たちは一体何を覚えているのでしょう。
時々そんなことを考えています。


それではまた。

 

藤村 拝

自動翻訳文のやりとり

※パフォーマンスの副産物として生じた実在しない対話

May 30, 2020

深川


お元気ですか?
先日はありがとうございました。


さて、展覧会の準備として、はがきに残った手紙が消えた数枚を数えながら、友達が作ってくれる言葉を書いています。
複数のはがきに何度も書いても、どれもふさわしくありません。 そして、これは私の友人がこれまでに書いた言葉とは違うように感じます(それを書いた人は、彼が実際に書いたものさえ覚えていません)。


調子が合わないものを、誰かを忘れたり、思い出したり、考えることの喜びで受け入れます。
手紙を書くデザート。


ちなみに深川さんはもう見つけられない声を覚えているのでしょうか?


確かに、忘れませんが、何を覚えていますか?
時々それについて考えます。


また近いうちにお会いしましょう。


藤村崇拝

All Rights Reserevd by  KANA KAWANISHI ART OFFICE LLC.

  • KANA KAWANISHI GALLERY on Facebook
  • KANA KAWANISHI GALLERY on Instagram
  • KANA KAWANISHI GALLERY on Twitter