​鯰 [Namazu]

CV

 

works

 

text

(なまず)

2018年に結成された表良樹、藤村祥馬、森山泰地によるチーム。普段、個々のアーティストとして活動する3人は茨城県取手市をベースとし、日常的な飲み会を軸として突発的に活動する。制作と生活の中で感じる何でもない現実から発想し、動きのあるインスタレーションや身体を使った表現で作品化する。

主な個展

2020年    「リアルライフ・エスケープ・ルーム」KANA KAWANISHI GALLERY  (東京)

2019年    「景観」Plat  (東京)

2018年 「TOKYO CANAL LINKS #10」B&C HALL  (東京)

主なグループ展

2021年    「ATAMI ART GRANT」ACAO FOREST  (静岡) 

 

2021年    「水の波紋」  (東京)

2020年    「Sustainable Sculpture」駒込倉庫  (東京)

2019年    「UBE ART FESTA 2019」  (山口)
 

2018年 「鉄工島フェス」京浜島  (東京)

鯰 [Namazu]

 

A team formed in 2018 by Yoshiki Omote, Shoma Fujimura, and Taichi Moriyama. The three artists who usually work as individual artists are based in Toride City, Ibaraki Prefecture, and occasionally work around daily drinking parties. Inspired by the ordinary reality in everyday life, they create works with dynamic installations and physical expressions. 

Selected Solo Exhibitions

2020    Real-Life Escape Room    KANA KAWANISHI GALLERY  (Tokyo, Japan)      

2019    景観 (Scenery)    Plat  (Tokyo, Japan)

2018    TOKYO CANAL LINKS #10    B&C HALL  (Tokyo, Japan)

Selected Group Exhibitions

2021   ATAMI ART GRANT    ACAO FOREST  (Shizuoka, Japan)

2021    Ripple across the Water 2021    (Tokyo, Japan)

2020   Sustainable Sculpture    KOMAGOME SOKO  (Tokyo, Japan)

 

2019   UBE ART FESTA 2019   (Yamaguchi, Japan)

2019    Iron Island Fes    Keihin Island  
(Tokyo, Japan)