藤崎了一個展『colored oil』

■会 場

■会 期

​■開 廊

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY
〒106-0031 東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布 5F

2020年7月25日(土)~ 2020年9月12日(土)

水〜金 13:00〜20:00|土 12:00〜19:00 (日・月・火・祝休廊)

​※夏季休廊:8月12日(水)〜15日(土)

from the series colored oil
2020 | archival pigment print | ©︎ Ryoichi Fujisaki, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYは、2020年7月25日(土)より藤崎了一個展『colored oil』を開催いたします。本展では、藤崎が2015年より取り組んできた写真作品 〈colored oil〉 の新作を発表し、ギャラリー空間を構成いたします。

藤崎了一は、「素材」への深い知識と好奇心に「身体性」を掛け合わせ、「現象」という要素を絡めさせることで、身近に慣れ親しんできた素材を既知のものから一気に飛躍させた表現へと昇華させる作品を、様々なシリーズを通し展開してきました。

写真作品 〈colored oil〉 は、アーティストの身の回りにある様々な液体が物理的に干渉し合う様子を、写真としてマクロ撮影したものです。ひたすらに無心で素材と対峙する藤崎は、素材の呈する現象を介して自身の身体を表象化しているのかも知れません。

尚、同じ会期で、清澄白河のKANA KAWANISHI GALLERY では、映像作品 〈Metaball〉の個展も開催いたします。真摯にシリーズを進化させながら、作品の強度を高め続ける藤崎了一の表現に、是非ご期待ください。

from the series “colored oil”
from the series “colored oil”
from the series “colored oil”
from the series “colored oil”

from the series colored oil
2020 | archival pigment print | ©︎ Ryoichi Fujisaki, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

アーティストステートメント

自然の中には、人間の手を離れた造形美が見て取れる。

それを自身の身体に溶け込ませることは可能なのか?

 

瞑想をするように、

ただただ作品と向き合うことで、

いつしか身体と物が混ざり合い、

作為的に作ることのできないカタチが自身の前に立ち上がる。

 

それは、制作という自身における自然な行為が

身体のカタチとして現れたのではないだろうか。

​藤崎了一

アーティストプロフィール

藤崎了一(ふじさき・りょういち)

 

1975年大阪府出身。京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

主な個展に『TELLUS』(2018年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『Meltism』(2018年、MARUEIDO JAPAN、東京)、『colored oil』(2017年、SEZON ART GALLERY、東京)、2016年『Material Phenomenon』(2016年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『Vector of Energy | Gallerist's Eye #2』(2016年、the three konohana、大阪)など。

グループ展に『規則と帰属』(2017年、KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY、東京)、『contact』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『記録と記憶』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。

2020年、「sanwacompany Art Award / Art in The House 2020」にてファイナリストに選出。

All Rights Reserevd by  KANA KAWANISHI ART OFFICE LLC.

  • KANA KAWANISHI GALLERY on Facebook
  • KANA KAWANISHI GALLERY on Instagram
  • KANA KAWANISHI GALLERY on Twitter